下記の① 申請の流れ ② 申請に必要な費用 をお読み頂き、
最下部にある申請書ダウンロードにお進みください。
(*よくある質問もご参考下さい)

 


① 申請の流れ

申請前に、ご使用になる作家がJASPARの取り扱いかどうかを
こちらのページからご確認ください。

*リスト未掲載作家については、お問い合わせいただけます。

ピカソ、マティスは姉妹協会SPDAでのお取扱いとなりますので、
SPDAに直接ご連絡ください。

 

(1)ダウンロードした申請書にご記入いただき、
ご使用画像を添付の上
メールにてご送付ください。

*原則一用途一目的につき、毎回申請が必要です。
*本紙郵送の必要はございません。

(2)著作権料のお見積りをいたします。 

(3)著作権料をご了承いただいた後、許諾手続きを進めます。

《許諾に際しては、「一任型」と「非一任型」で違いがあります》

「一任型」の作者:
弊協会と権利者との間で包括許諾契約が締結されていることによって、
ある一定の条件を充たせば、弊協会一任にて許諾が出来ます。

「非一任型」の作者・著作使用方法:
弊協会を通して、毎回著作権者に確認を取る必要があります。
※レイアウト画像送付が必須です
使用の態様によっては、許諾がおりない場合もあります。

(4)許諾後、複製媒体にご明示頂くクレジットを示した許諾書を交付し、
PDFにて送付します。


(5)許諾書と請求書をご送付します。
請求書に記載された著作権料をお支払いください。

 *作品画像の提供は行っておりません。
 *作品の真贋の鑑定は行っておりません。
よくある質問もご参考下さい。
 


② 申請に必要な費用

・著作権料のお見積り   無料

*ご予算の都合等で、この段階で申請を取り下げられても結構です。
ただし、キャンセルされる場合も必ずご一報ください。

・著作権料      要問合せ(使用料規程をご参考下さい)

 

※「非一任型」の作者・著作使用方法で海外に問い合わせる必要がある場合
(一申請あたり)

・協会連絡手数料 問合せ先1団体につき   10,800円
(例:アメリカ団体とフランス団体の両方の許諾が必要な場合、21,600円となります。)

 *海外に問い合わせを行う際には、万が一その許諾が下りなかった場合、またもし何らかの理由でその申請をお取り止めになった場合でも、海外へ連絡した時点で連絡手数料は発生します。

・銀行送金手数料 許諾1団体につき   6,000円
(例:アメリカ団体とフランス団体の両方から許諾された場合、12,000円となります。)

*「非一任型」にて申請をいただいた後、海外に許諾申請をする前に、
海外に提示する弊協会での著作権使用料の目安を前もってお知らせした上で進めますが、
その額は外国の権利者の意向によって変動し得ることをご承知おきください。


以下の□(四角)にチェックを入れ、
申請書ダウンロード画面にお進みください。


①「申請の流れ」と②「申請に必要な費用」に同意します。