1952年  対日講和条約が発効された年、フランスを中心とする海外における芸術の各分野(音楽を除く)の日本における著作権管理業務を株式会社フランス著作権事務所(Bureau des Copyrights Français – BCF)(初代代表取締役:見城敏夫及びフランス通信社 Agence France-Presse 極東支局長レオン・プルー Leon Prou)が開始。


1958年  BCFはフランスSPADEM協会と契約し、同協会加盟のフランス美術家並びに同協会と双務契約を締結した海外の美術著作権管理協会に加盟する美術家の、我が国に於ける著作権管理業務を開始。


1985年  BCF代表取締役岡田幸彦が、フランス「芸術文化勲章(シュバリエ)」を受勲。


1992年  BCFの活動の一部である美術著作権管理業務を引き継ぐ形で美術著作権協会(Société pour la Protection des Droits Artistiques – SPDA)を設立。


1997年  SPDA代表理事岡田幸彦が、フランス「芸術文化勲章(オフィシエ)」を受勲。


2002年  有限責任中間法人の法人格取得。有限責任中間法人 美術著作権協会となる。


2009年  一般社団法人の法人格取得。一般社団法人 美術著作権協会となる。


2009年  文化庁登録団体として著作権等管理事業者第02017号を取得。


2012年  一般社団法人日本美術家連盟(Japan Artists Association)の有志3名と美術著作権協会の有志3名が発起人となり、一般社団法人 日本美術著作権協会(Japanese Society for Protecting Artists’ Rights – JASPAR)を設立。以来、著作権管理業務は、ピカソ、マティスを美術著作権協会(SPDA)が代行し、その他の著名海外美術家に加え、前田青邨、福王寺法林、福王寺一彦など日本の美術家8名については日本美術著作権協会(JASPAR)が行っている。


2012年  文化庁登録団体として著作権等管理事業者第12001号取得


2014年  JASPAR代表理事岡田幸彦が、日本ユニ著作権情報センター「著作権貢献賞」を受賞。


2015年  JASPAR代表理事岡田幸彦が、「文化庁長官表彰」を受賞。


2017年  文化芸術推進フォーラムに参加。


 

2017年現在、日本美術著作権協会(JASPAR)が管理契約を交わしている海外の美術著作権管理協会は、別記の如く23ヶ国、24団体に亘る

日本美術著作権協会(JASPAR)

〒104-0061
東京都中央区銀座3-10-19
美術家会館 6階 604号

一般社団法人 日本美術著作権協会(JASPAR)
TEL : 03-6226-5951
MAIL:info@jaspar.or.jp

美術著作権協会(SPDA)

〒113-0033
東京都文京区本郷3-26-4
ササキビル 9階 901号
一般社団法人 美術著作権協会(SPDA)
TEL : 03-5805-9690
MAIL:spda@wb3.so-net.ne.jp